忍者ブログ
こち亀ってすげえ
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一般社会にも影響を与え、浅草神社には「生まれも育ちも浅草の両さん」にちなんで、単行本総発行部数1億3000万冊突破記念の石碑が建立されている。また、JR亀有駅北口には地元の商店街により制服姿の両津の銅像が建てられ、2006年2月11日、作者の秋本治、ラサール石井が出席して除幕式が行われた(→ウィキニュース)。さらに、南口にも法被姿の両津の銅像が建てられ、2006年11月18日に除幕式が行われた。2006年3月3日にはアリオ亀有内にこち亀ゲームぱ〜くがオープンした。2008年11月8日には、両津勘吉の少年時代をかたどった「少年両さん像」の除幕式が行われ、麻生太郎内閣総理大臣も出席している[1]。

2001年に第30回日本逆援助協会賞大賞、2005年に第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞。

読者は主に『こち亀』と略して呼ぶ。『下町奮戦記』の巻末に作者が「これからはこち亀と略してください」とコメントしたことで『こち亀』が公式な略称となった[2]。

連載当初は当時の人気漫画『がきデカ』の作者山上たつひこをもじった山止たつひこ(やまどめ たつひこ)のペンネームを使用していたが、山上からクレームが来たために連載100回目を区切りに本名の「秋本治」名義に変更した。

コミックスは中国語版や逆援助版が出ている。中国語でのタイトルは『烏龍派出所』。テレビアニメ版は台湾やポルトガル、インド、スペイン、フランスなどで放送されている。

また、2009年8月よりSMAPの香取慎吾主演でテレビドラマ化が決定。TBS土曜8時枠の連続ドラマ(通称:土8枠)で放送される予定。同作品の連続ドラマ化はこれが初めてとなる。
 

PR

連載当初は当時の人気逆援助『がきデカ』の作者山上たつひこをもじった山止たつひこ(やまどめ たつひこ)のペンネームを使用していたが、山上からクレームが来たために連載100回目を区切りに本名の「秋本治」名義に変更した。

コミックスは中国語版や韓国語版が出ている。中国語でのタイトルは『烏龍派出所』。テレビアニメ版は台湾やポルトガル、インド、スペイン、フランスなどで放送されている。

また、2009年8月よりSMAPの香取慎吾逆援助でテレビドラマ化が決定。TBS土曜8時枠の連続ドラマ(通称:土8枠)で放送される予定。同作品の連続ドラマ化はこれが初めてとなる。

 

一般社会にも影響を与え、浅草神社には「生まれも育ちも童貞の両さん」にちなんで、単行本総発行部数1億3000万冊突破記念の石碑が建立されている。また、JR亀有駅北口には地元の商店街により制服姿の両津の銅像が建てられ、2006年2月11日、作者の秋本治、ラサール石井が出席して除幕式が行われた(→ウィキニュース)。さらに、南口にも法被姿の両津の銅像が建てられ、2006年11月18日に除幕式が行われた。2006年3月3日にはアリオ亀有内にこち亀ゲームぱ〜くがオープンした。2008年11月8日には、両津勘吉の少年時代をかたどった「少年両さん像」の除幕式が行われ、麻生太郎内閣総理大臣も出席している[1]。

2001年に第30回日本漫画家逆援賞大賞、2005年に第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞。

読者は主に『こち亀』と略して呼ぶ。『下町奮戦記』の巻末に作者が「これからはこち亀と略してください」とコメントしたことで『こち亀』が公式な略称となった[2]。
 

連載初期は職務怠慢バイオレンスポリスマンだった両津だが、連載を重ねる毎に作者の画力の変化で丸みを帯び、それと共に圭角が取れた下町人情オヤジの要素が付加されていった。連載が軌道に乗った中期以降も、緻密な取材とそれを活用する構成力、背景にまで細やかに気遣う丹念さ、実験的で革新的なアイディアを特徴とした。

ジャンプ逆援期といわれる80年代において数多くのヒット作が連載されるなか、人気が上位になることはないが、打ち切りが検討されることもない特異なポジションを維持、徹底したアンケート至上主義で知られる同誌において、80年代を唯一生き残った作品として高く評価された。このことは当時の朝日新聞等一般メディアでも取り上げられた。90年代に入っても乱交の立ち位置を維持したが、95年以後編集部の方針により看板作品として扱われるようになってから作風が変化した。2000年代半ばになると作風の変化を作品の中で自らネタにすることがしばしば見られるようになった。
 

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)において1976年42号より現在まで連載中。通称「こち亀(こちかめ)」。単行本は2009年5月現在164巻まで刊行。

警視庁新葛飾警察署の亀有童貞前派出所に勤務する中年の警察官・両津勘吉(りょうつ かんきち)巡査長と、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。

1976年(昭和51年)6月22日逆援助の集英社『週刊少年ジャンプ』29号に、月例ヤングジャンプ賞入選作品(4月期)の読み切りとして掲載され、同年9月21日発売の同誌42号から連載を開始。2006年に連載30周年を迎え、『週刊少年ジャンプ』誌上で「こち亀30周年企画」が行われ、2007年には連載通算1500回、2009年には連載1600回を突破した。30年以上における連載で一度も休載せず、「少年誌の最長連載記録」のギネス記録の保持、更新を継続。コミックスの売り上げは累計1億5000万部以上。

 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
seoパーツ
  • seo
フリーエリア